ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。お得なこととかマイルとか。

プライオリティパスを更新したら、期限が3倍に延びていた

スポンサーリンク

空港ラウンジなどが利用できるプライオリティパス。我が家ではMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード(長い・・)に無料付帯しているものを使っていますが、今年更新したら期限が長くなっていました。旅行になかなか行けない状況ですので、特別対応かな、と思いますが。。

プライオリティパスロゴ

プライオリティパスとは

世界148か国、600を超える都市にある1,300箇所以上の空港ラウンジを使えるというサービス。航空会社の上級会員になったりビジネスクラスを利用しなくても、空港のゆったりしたラウンジでそれなりに優雅な時間を過ごすことができます。

そんな素敵なカードなのですが、直接申し込むと有料です。3段階の会員プランがあります。

スタンダード

  • 年会費/99ドル
  • 会員利用料/32ドル
  • 同伴者利用料/32ドル

スタンダード・プラス

  • 年会費/299ドル
  • 会員利用料/32ドル(10回まで無料)
  • 同伴者利用料/32ドル

プレステージ

  • 年会費/429ドル
  • 会員利用料/無料
  • 同伴者利用料/32ドル

 徐々に値上がりしていますので、最新の情報は公式サイトもご覧くださいませ。

世界に広がるラウンジ・ネットワーク | Priority Pass

無料付帯のクレジットカード

普通に申し込むとなかなか高額なプライオリティパスですが、いくつかのクレジットカードには無料で付帯してきます。

お手頃な年会費で有名どころだと、楽天プレミアムカードでしょうか。年会費1万円(税別)でプライオリティパスがついてきます。ただし本会員しかプライオリティパスは発行できませんので、夫婦2人、それぞれで持ちたい場合などには夫婦ともに本会員になる必要があります。

夫婦それぞれでプライオリティパスを持ちたい我が家では、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードを利用しています。

このカードなら本会員と家族会員それぞれにプライオリティパスが付帯して、年会費2万円(税別)、家族会員の年会費は1名まで無料なので、楽天プレミアムカードを2枚発行するのと年会費は同じになります。

空港への荷物宅配も回数制限なく無料(楽天プレミアムカードは年2回)ですので、旅行頻度の多い方なら年会費分くらいは元が取れるのでは?と思います。

今年も更新、到着

ちょっと手間なのですが、クレジットカードに付帯しているプライオリティパスは、期限の前に毎年発行の手続きが必要です(全部のカードがそうなのかは不明・・)。ネットでちょちょいと発行手続きができ、1週間くらいで届くので作業自体はラクなのですが。

そして今年も更新後のカードが到着。

今年のカード

お!?2023年まで?毎年1年期限のカードが来てたのに。いや、6月23日?和暦じゃないだろうし、うーん。

同封の書類を見ると、やはり2023年6月30日が期限でした。

今まではこんな感じ。1年更新だったんですよね。

今までのプライオリティパス

「3年期限になりました」などの説明もなかったのですが、なかなか旅行の機会が減っていますので、特別対応なんでしょうね・・。ありがたく使わせていただきます。

いつ、どこで使うか

海外の空港でこそ威力を発揮するプライオリティパスですが、まだすぐには海外に行けなさそうです。

では、どこで使うか。関西人ならもう、関空のぼてじゅう一択だと思っています。

関空にあるお好み焼き屋さんのぼてじゅう。こちらもプライオリティパスのラウンジ扱い3400円(税込)分まで食事ができます。しかも国内線利用時もOK。

普段の国内線は伊丹利用が多いですが、関空発の便はLCCでなくても安いときがありますので、今年の後半は関空積極利用でいこうかと思います。