ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。お得なこととかマイルとか。

ハワイで変なSIMを使ってみました

スポンサーリンク

この夏から使い始めたH.I.S.モバイルの変なSIM。名前は変ですが世界75カ国で使えるSIMで、シールタイプなので差し替え不要と、なかなか便利なSIMです。8月後半に行ってきたハワイ・ホノルルでも使ってみました。

変なSIMイメージ

変なSIMとは

旅行大手のHISのグループ会社、H.I.S.Mobile株式会社が運営しているSIMです。HISモバイルはもともと格安スマホの会社で、海外旅行者向けに海外用の「変なSIM」を販売しています。

料金、利用エリア

手軽に購入できるお値段です。

データの料金/200MBまで24時間500円(不課税)
SIM本体価格/1,980円

利用できる国と地域も多めです。

アイスランド/アイルランド/アゼルバイジャン共和国/アメリカ合衆国/アルバニア/イギリス/イスラエル/イタリア/イラン/インド/インドネシア/ウクライナ/ウズベキスタン/ウルグアイ/エストニア/オーストラリア/オーストリア/オマーン/オランダ/カザフスタン/カタール/カナダ/韓国/カンボジア/ギリシャ/グアム(アメリカ)/クロアチア/サウジアラビア/ジョージア/シンガポール/スイス/スウェーデン/スペイン/スリランカ/スロベニア/セルビア/タイ/台湾/チェコ/中国/チリ/デンマーク/ドイツ/トルコ/ニュージーランド/ノルウェー/バーレーン王国/パキスタン/ハンガリー/バングラデシュ/ハワイ(アメリカ)/フィリピン/フィンランド/プエルトリコ/フランス/ブルガリア/ベトナム/ベラルーシ/ベルギー/ポーランド/ポルトガル/香港/マカオ/マケドニア/マルタ/マレーシア/ミャンマー/メキシコ/モンテネグロ/ラトビア/リトアニア/リヒテンシュタイン/ルーマニア/ルクセンブルグ/ロシア

iPhoneなどSIMカードが1枚しか入れられない場合、違うSIMを使うときはトレーを取り出して入れ替える必要があります。一方この変なSIMの場合は、今入れているSIMに貼り付けて使えるので、いちいち差し替える必要がありません。貼り付け方はこちらをどうぞ。

ホノルルでの使用感

飛行機がホノルルの空港に着いて、シートベルトサインが消灯し、飛行機を降りるまでに繋いでみましたが、すんなり繋がりました。大手のAT&Tや格安のTモバイルの電波を拾ってました。画像は3Gになってますが、地図を見たりLINEで連絡をとる程度なら全然問題ナシです。

スマホ画像

スピードテストなんてハイテクなことしてませんが。。

プランの購入方法のコツ

変なSIMの1日あたりの料金は、使える容量のワリに値段が高め(24時間200Mbで500円)ですが、うまく購入すればモバイルWiFiなどより結構節約になります。

ハワイ4泊6日の例

たとえばハワイに4泊6日で行く場合。モバイルWiFiをレンタルするなら出発日から帰国まで借りるので、6日間のプランになります。一方変なSIMの場合は使う日数だけなので、実質4日間の購入で済みます。日本の空港にいるときや、飛行機に乗ってる時間は使わないので。こんな感じです。公式Webサイトから表をお借りしました。

プラン比較

モバイルWiFiもキャンペーンで安くなっていたりしますので、比較して安い方を選択すれば良いですが、受け取りや返却が手間だったり、重い本体を常に持ち歩かないといけなかったり、何かと機動力に欠けるんですよね。。

変なSIMは24時間単位で購入できるので、なかなか使い勝手が良いのです。こんな感じでアプリ内でカウントダウンされます。

アプリ画像

何より軽い!

その他の地域ではどうか

東南アジアSIMカードが激安なので、現地調達の方が安いと思います。

アメリカ本土はハワイとほぼ同じですが、容量が欲しい方は現地調達もアリだと思います。ニューヨークTモバイルのSIMカードを買ったお話はこちら。

ヨーロッパは現地SIMを買ったことがないですが、素人なりに調べる限り、結構高額そうなんですよね。。

南米オセアニアアフリカは今のところ行く予定がないのですが、いつか試してみたいです。

変なSIMの中間報告

今のところ、インドネシアハワイではそれなりに使えています。

SIMカードの差し替え不要で、トレーを出すためのSIMピンを忘れても安心( ´∀`)
SIMピンの代用品はこちらをご参考ください。

年末はロンドンダブリンに行く予定なので、また変なSIMを使ってみようと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ