ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。お得なこととかマイルとか。

ふるさと納税、100億円還元キャンペーン中の泉佐野市。まあまあなペースで在庫減ってますよ

スポンサーリンク

2019年6月以降、寄付額の3割以上や地場産品以外を返礼品とする自治体が、制度の対象外とされることで話題のふるさと納税。寄付額全国ダントツ1位の泉佐野市が100億円還元キャンペーンをスタートさせたことで、ますます注目されています。なかなかのペースで在庫も減っているようですよ。

泉佐野市ふるさと納税

一応、ふるさと納税のおさらい

ふるさと納税は簡単に言うと、好きな自治体に寄付をするという制度。その寄付のお礼に、自治体によっては特産品などさまざまな返礼品がもらえます。

寄付した額のうち2,000円は自己負担になるのですが、残りは税額控除という形で戻ってくることになります。

税額控除とは、最終的に確定した税金が安くなるもので、所得をなかったことにしてくれる所得控除よりもインパクトが大きいのです。

2,000円負担でいける寄付額の上限は、ふるさと納税サイトのシミュレーターなどで計算されることをおすすめしますが、扶養家族のいないサラリーマンで、年収500万円くらいの人なら寄付額上限6万円くらいまでです。

ふるさと納税サイトの最大手『ふるさとチョイス』のシミュレーターは、医療費控除や住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)まで入力できますので、結構細かく計算できます。

控除金額シミュレーション | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

注意点としては、計算の基準となる年収は寄付をしたその年のものということでしょうか。前年の年収ではありません。2018年に寄付できる上限額は、2018年の年収をもとに計算します。年の途中で退職や転職をして、急激に年収が下がった場合などは要注意です。

泉佐野市のキャンペーン

数年前から返礼品合戦になりつつあったふるさと納税ですが、寄付額ダントツ日本一、ふるさと納税デパートだった泉佐野市が激しいキャンペーンを始めてくれました。

キャンペーン概要

公式サイト「さのちょく」から申し込むことが条件で、Amazonギフト券がもらえるというもの。支払いはクレジットカードのみです。

furusato-izumisano.jp

その還元率ですが

  • 返礼品を順次発送する場合はAmazonギフト券10%還元
  • 返礼品を5月以降に発送する場合はAmazonギフト券20%還元

泉佐野市は『Amazonギフト券は返礼品ではなくプレゼント』という主張のようですが、結構な割合ですね。

ちなみに、ふるさと納税のポータルサイト「ふるなび」でもAmazonギフト券3%還元をしていますので(2月28日まで)、泉佐野市以外に寄付されたい方はそちらでも良いかもです。

人気のビールをチェック

ふるさと納税の返礼品人気ランキング常連のビールをチェックしてみました。

Amazonギフト券10%還元の場合

ビール1ケースは寄付額10,000円でもらえます。ビール1ケースの市価が約5,000円として、ギフト券1,000円分とあわせて還元率60%

10%

Amazonギフト券20%還元の場合

ビール1ケースは寄付額15,000円でもらえます。ビール1ケースの市価が約5,000円として、ギフト券3,000円分とあわせて還元率53.3%

20%

売れ行きは?

Amazonギフト券20%還元の返礼品は、月別の在庫数が確認できます。例えばプレミアムモルツ24缶の場合。

こちらが2月7日(木)朝6時合計48,548

7日現在

続いて2月9日(土)17時。合計46,496。2日で2,000以上出たんですね!

9日現在

さらに2月11日(月)午前11時。合計45,375。ペースは落ちたもののガンガン出てます。

11日現在

もともと在庫数が少ないのか、水なす関連商品は既に売り切れになっていました。

マイページで発送状況が確認できます

今回のキャンペーン、よくある質問の中にはちょっと不安になる言葉が・・

  • 配送日の指定はできない
  • 発送の事前連絡はない
  • 配送業者での保管期限が過ぎても再配達はない

などです。うーん、ちょっとドキドキ。

ただ、申込み時にこんな感じで不在期間を入力できますし

不在期間

会員登録をすれば、マイページから配送時の伝票番号も確認できるようです。

マイページ

お早めにどうぞ

6月からは風向きが変わりそうなふるさと納税。我が家はさっさと今年の分を終わらせようと思います。

完了