ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。お得なこととかマイルとか。

【ロンドン・ダブリン旅まとめ:前編】5泊7日、趣味に走ったのんびりプランでした

スポンサーリンク

海外旅行、ツアーで行くのもラクラクお任せで良いと思いますが、好きなところに好きな時間に行って、好きなものを食べるのも気楽で良いものです。2018年から2019年にかけて行ってきたロンドン&ダブリンの旅まとめ・前編、関空出発~ロンドン観光までをご紹介です。

ロンドンバス

旅の目的

ロンドンはまだ2回目でしたが、前回結構観光名所は周ったので趣味に走る!と決めていました。ダブリンは初上陸なので、ベタな観光ルートで良いかな、と。

ロンドンのToDoリスト

もう、趣味街道まっしぐら(笑

  • コンコルドが見たい(私の趣味)
  • ウェンブリー・スタジアム見学に行きたい(相方の趣味)
  • 美味しいフィッシュアンドチップスが食べたい
  • フォートナム&メイソンでアールグレイの茶葉を買いたい
  • キッチン付きのホテルで暮らすように過ごしたい

ダブリンのToDoリスト

初ダブリンのワリに2泊しかなかったので、ふわっと観光です。

  • ギネスビールの工場見学に行きたい&飲みたい
  • トリニティカレッジでケルズの書が見たい
  • 考古学博物館でキラキラのお宝が見たい

飛行機と空港のToDoリスト

今回はANAマイルで発券したルフトハンザのビジネスクラス利用でしたので、飛行機&空港がメインイベントだったかも。

  • B747のビジネスクラスを堪能
  • プライオリティ・パスも活用して各空港のラウンジ制覇

実際はこんなスケジュールでした

【第1日目】関空~フランクフルト~ロンドン移動

関空では、スタアラゴールドでも使わせてもらえない憧れの(?)ファストレーンを使ってみました。このレーン、もうちょっと利用条件を緩くしてほしいものです・・

ラウンジは初の「飛鳥」でした。体調がすぐれず、ぐったりして終了・・

ちょっと体調が戻ったところで、いざB747のビジネスクラスへ。ルフトハンザのノリタケの食器が素敵すぎて目がハート

フランクフルト空港では、もちろんラウンジへ。ANAのSFCでも使えそうです。

欧州内線はビジネスクラス設定があっても、3人掛けの真ん中をつぶしただけの、なんちゃってビジネスが多いようです。

ようやくロンドン到着。暮らすように滞在したかったので、キッチン付きのサービスアパートメントにしました。ここはホントに便利でした。

【第2日目】愛しのコンコルドに会いに

数年前から勝手にコンコルドスタンプラリーをしています。実際にスタンプがもらえる訳ではないですが、レジ番をチェックして制覇すべく頑張っています。今回はロンドン郊外のダックスフォードへ。

晩ご飯は地元でも有名なフィッシュアンドチップス屋さんでテイクアウト。イギリスではテイクアウェイですね。ここのフィッシュアンドチップスはリピートしても良いかな。

【第3日目】ウェンブリー・スタジアム見学

前回ロンドンに来たときはプレミアリーグの試合を観に行ったのですが、今回はチケットが取れずウェンブリー・スタジアムの見学のみ。相方のご趣味です。私はチンプンカンプンですが、見学しながら相方が解説してくれるので助かります。

ウェンブリー・スタジアムはロンドン中心部から地下鉄でアクセスできますので、半日もあれば十分観光できます。私たちは午前中スタジアム見学、午後からはせっせとお土産を買いに走りました。買いたかったフォートナム&メイソンの紅茶もゲット。アールグレイがお気に入りです。

写真はないですが、大英図書館マグナカルタも見てきました。あの歴史の教科書にも載っている大憲章です。原本なので撮影不可です。それ以外にもいろんな展示があるので、歴史好きでなくても行く価値はアリです。入場はタダですし(ここ大切)。

The British Library - The British Library

キングス・クロス駅にも近いので、ハリーポッターのカートが壁に突っ込んでいるの展示を見がてらでも良いかもです。すんごい行列してましたけどね・・

キングス・クロス駅

【第4日目】ロンドンからダブリンへ

ロンドン観光もそこそこに、第二の目的地・アイルランドのダブリンへ向かいます。ヒースロー空港よりも近くて便利なシティ空港を利用しました。この空港ではオイスターカードの払い戻しができないので要注意です。

趣味に走ったロンドン滞在でしたが、イギリスにはまだ制覇できていないコンコルドも数機ありますし、オイスターカードも残高があるのでまたロンドンには行かねばです。ダブリン滞在の後編へ続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ