ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。お得なこととかマイルとか。

セブ・マクタン空港の国際線新ターミナルの過ごし方。ラウンジも使い勝手良し

スポンサーリンク

2018年12月、フィリピンのセブ島に行ってきました。玄関口となるマクタン空港の国際線ターミナルは、2018年7月にオープンしたばかりだそうで、ピカピカのリゾート空港な雰囲気でした。もちろんラウンジも使い勝手良しです。

マクタン空港イメージ

国際線ターミナルはピカピカ

2018年7月にオープンしたターミナル2は、国際線のターミナル。セブから日本への直行便で帰国される方や、第三国を経由して帰国される方はこのターミナルを使うことになります。私はセブから台北経由で大阪に帰りましたので、このピカピカターミナルを使うことになりました。

チェックインカウンター付近

私が利用したのがクリスマス時期の午前9時ころ。ガラガラでした。営業してるのかな?というくらいです。出発が重なる時間ならもう少し賑やかなのかな?クリスマスツリーにギターが・・。天井の木がリゾートっぽいような気もします。

ツリー

ところどころに、オサレイスも設置されていました。この型というか、キスチョコ型というか、ぴちょんくん型というか、可愛らしいイスに、アラフォー女一人で座ってみましたが、そんなに居心地は良くありませんでした(苦笑)。小さなキッズ向けですかね。

オサレイス

出国税&空港使用料を取られます

ここマクタン空港では、出国時に出国税&空港使用料を支払わないといけません。金額は850ペソ(約1,700円)。フィリピンの物価からしたら、まあまあしますね。

チェックインカウンターを通過し、保安検査場に行く前に支払いカウンターがあります。私は事前に予習をしていたので、850ペソを現金で用意していました。

支払いカウンター

が、よく見るとクレジットカードでも払えそうな雰囲気です。電光掲示板に「CREDIT CARDS」が流れていったので、もしかしたらカードOKかもしれません。実際に私がカードで払った訳ではないので、不確かな情報ですが・・

カード払いOK?

出国税&空港使用料を支払うと、こんなレシートのようなものをくれます。

レシート

こちらを持って、保安検査とパスポートコントロールへ。

ショッピングゾーン

出国審査を抜けると、免税店コーナーがあります。けど、ここもガラガラ~。本当に人がいなくて、不安になるわ・・。店舗数はそこそこありますので、20~30分は潰せるかな。

免税店

ラーメン屋さんもガラガラ~

ラーメン屋さん

あまりに寂しいのでラウンジへ・・

プライオリティパスでも入れるラウンジ

スタアラゴールドのパワーでラウンジのインビテーションをもらっていたので、そそくさとラウンジへ向かいました。今回利用したエバー航空の搭乗券はサンリオの可愛いデザイン。

インビテーション

さきほどのラーメン屋さんの横にエレベーターがあり、一つ下の階に降りたところにラウンジがあります。

ラウンジへ

ほとんどの航空会社が共用のようですね。

プラザプレミアムラウンジはこんなところ

エレベーターを降りたらすぐにラウンジが現れます。まぶしー。

ラウンジ入り口

私はインビテーションで入りましたが、プライオリティパスのラウンジリストに入っていましたので、プライオリティパスで入れそうです。

ダイニングゾーンには、ホットミールが数種類並びます。

ダイニングゾーン

ヌードルバーのメニューは1種類。魚のすり身ボール麺的なもので、あっさり、おいしゅうございました。

麺

少し奥に行くとソファゾーン。

ソファ

コンセントも完備で安心です。

コンセント

さらにさらに奥に行くと、もっとゆったりソファゾーン。

ゆったりソファ

ここから飛行機を愛でることもできます。私がお世話になるエバー航空の機体も!

機体

機体を見ながら飲み食いできるなんて、至福の時間でございます。

カプチーノをお願いしたら、ちゃんとこんなのがでてきますよ。

カプチーノ

私は使っていませんが、シャワーもあるようです。

シャワー

フィリピン航空のラウンジ

プラザプレミアムラウンジの反対側にはフィリピン航空のラウンジがありました。午前中は開いていなかったので、フライトに合わせて開くんでしょうか。

フィリピン航空ラウンジ

マクタン空港、こんな過ごし方も

国際線ターミナルは新しくてピカピカなので、とても過ごしやすい環境でした。ラウンジも広くて設備も充実しています。ラウンジに入らなくてもカフェからは見える景色にはこんな機体が。

軍用機

軍用機ですよね。マクタン空港は民間と軍用共用なんですね。そこまで忙しい空港ではないですが、何かと楽しめるマクタン空港でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ