ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。お得なこととかマイルとか。

プライオリティ・パスで入れるウラジオストク空港の国際線ラウンジ

スポンサーリンク

ウラジオストク空港の国際線側「PRIMORYE LOUNGE」というラウンジに、プライオリティ・パスを使ってお邪魔してきました。そこまで混雑せず、ほどほどに充実したお食事で快適でした。

ラウンジ外観

ラウンジ概要

ウラジオストク空港にはプライオリティ・パスで利用できるラウンジが2箇所あるようで、一つは国内線の利用者、もう一つは国際線の利用者向けに設置されています。

今回はS7航空で関空に戻る際に利用しました。

営業時間は24時間、食事はありますがアルコールは有料です。お手洗いもラウンジ内にありますが、シャワーは未確認です。

場所

出国審査を抜けると、右手に気持ちばかりの免税店があります。

免税店

そのまま真っすぐ50歩くらい歩くと壁にぶち当たり、3番ゲートに到着します。そこで右を見ると・・、このガラス張りのお部屋がラウンジです。

ラウンジ外観

大韓航空の指定ラウンジにもなっているようですね。

室内の様子

13:30頃に利用したと思いますが、10人くらいの先客がいらっしゃいました。とはいえ天井も高く、各席はゆったりと配置されているので、そこまで混雑している印象ではなかったです。ちょっと写真が撮りづらかったので、自席から見える範囲で・・

室内の様子

ダイニングスペースのようなものもなく、たぶん全部の座席がソファ&ローテーブル。一人あたりの面積が広いのも、ゆったりできてポイント高めです。

ドリンク・食事

ボトル入りのお水はガス入り・ガスなしの2種。保安検査場を抜けてからもらえるボトルの水は助かります。

冷蔵庫の右側はビールですが、300ルーブル(500円くらい)前後です。見回した限りでは飲んでいる人はいなかったですが・・

お水

コーヒーやジュース類も。小綺麗な感じ。

コーヒー、ジュース

サラダとか。左手前のクレープっぽいのはたぶんロシア名物のブリヌイ。

サラダ

温かい炭水化物。

炭水化物

何が入っているか見えないですが、スープも。コンソメでした。

スープ

マフィンやちょっとしたスナックもありましたので、午後のおやつや朝ごはんに良いかも。

マフィン

こんな感じでいただきました。

食事

たぶんブリヌイと思って食べたクレープの中身は、クリームチーズとスモークサーモンで、なかなか美味。ちょっとおかわりしようかと思ったのですが、掃除のおばさまがサッサと片付けてしまうし、結構静かな雰囲気だし、隣に座ったスリムなアジア人女性はフルーツしか食べてないし・・

と、自制しておきました。ああ、炭水化物をいっぱい食べてしまった・・と思いつつ。

種類は少ないですが、一つひとつはそれなりのお味でございました。

ごちそうさまでした。

ゲート前で便利すぎ

このラウンジは3番ゲートの目の前にあるのですが、今回乗ったS7航空は3番ゲート利用でしたので、めちゃめちゃ便利でした。搭乗開始のアナウンスが薄っすら聞こえてから出て行ったら、ほぼ一番に並んでしまいました。

もっとゆっくりしても間に合いそうです。

JAL・ANAもここ指定?

2020年春頃にはJALANAウラジオストク直行便を出すことを発表しています。ウラジオストク空港はそこまで大きくないですし、JALもANAもそんなに大きな機材を飛ばすとも考えにくいので、ラウンジ新設なんてこともないと思います。

とすると、この国際線側にある「PRIMORYE LOUNGE」をJALもANAも指定ラウンジとするのでしょうか。

スケジュールはまだ発表されていませんが、日本発着が便利な時間帯にするでしょうし、おそらく似た時刻表になるのかな、と。もし2社のウラジオストク発がほぼ同じになれば、そこまで大きくないこのラウンジは混雑しそうですね。

ラウンジの座席数はざっと40~50くらいでしたので、JAL・ANAの上級会員、ビジネスクラス利用者(設定あるかな?)、プライオリティ・パス利用者が混在すると、ちょっとおそロシアです。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ