ローコストで度々旅々

旅、飛行機、青い水の絶景のこと。お得なこととかマイルとか。

デルタで特典航空券を発券。米国内線は希望通り予約できて助かります

久しぶりにデルタ航空のマイルで特典航空券を発券しました。デルタはマイルの有効期限がないので、気づいたら微妙に貯まってて、たまに特典航空券にしています。今回はニューヨークからサンフランシスコまでのチケットを発券しました。

f:id:mizusagashi:20171022171444j:plain

デルタは米国内線が取りやすいと思う

前回、デルタで特典航空券を発券したのが2015年12月。ちょうど2年くらい前ですね。この時はラスベガスからシアトルまで、エコノミーで2人分発券しました。マイルは国際線のビジネスクラスとかで使うのが価値を高められると思うのですが、なかなか希望日に予約が取れなかったりと使うのが難しいんです。。まあ、たまに取れますけど。。

ということで、ビジネスクラス狙いで画面とにらめっこするより、目の前の節約!と、最近はもっぱら米国内線でマイルを使っています。さすが、飛行機をバスのように使う国・アメリカ。路線も便数も選び放題。今回も年末の希望の日時が一発で取れました。

ニューヨークからサンフランシスコって結構遠い

予約してから改めてアメリカって広いなーと思いました。ニューヨークからサンフランシスコまで6時間かかるんです。そんなん知ってるよ!という方も多いと思いますが、地図で見るとこんな感じ。

f:id:mizusagashi:20171022171637j:plain

なので、航空券も現金で買うとそこそこします。これを書いている10月中旬に検索すると、ニューヨークからサンフランシスコまで、年末のとある日の料金は38,000円(デルタのエコノミー)。これくらい出したら、日本から東南アジアくらい行けそうです。

この区間を19,000マイル(片道、エコノミー)で予約できたので、マイル単価は2円ですね。こんなもんでしょうか。あまり贅沢は言わないことにします。節約第一!

他にかかる料金

デルタの米国内線は、受託手荷物が有料です。平会員の場合1つ目25ドル、2つ目35ドル!安くないなー。

f:id:mizusagashi:20171022171800j:plain

上級会員になれば、受託手荷物は規定の範囲で無料です。国際線も規定内なら無料です。

さらに、セキュリティ料として5.6ドルかかります。これは仕方ないですね。

f:id:mizusagashi:20171022172045j:plain

名称からして、2001年の9.11テロ以降設置された手数料のようですね。以前ラスベガス~シアトル便を予約したときも支払いました。

デルタのマイレージプログラム、なかなか使えます

私はノースウェスト航空時代からマイレージプログラムを使っているのですが、デルタのマイルの良いところは何と言っても期限がない!という点です。また、毎年のように「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」というのを行っていて、日本の国内線にしか乗らなくてもマイルが少しずつ貯まります。平会員なら1年間で最大5,000マイル、上級会員なら1年間で最大20,000マイルまで積算可能です。搭乗券の半券を2ヶ月以内にFAXするという、ちょっとアナログな申請方法ですが・・。

ニッポン500マイルボーナス・キャンペーン:デルタ航空

デルタのマイレージプログラム、入っておいて損はないと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ